2018年1月4日木曜日

Huawei P8lite バッテリー交換

この頃HuaweiP8liteのバッテリーが一日持たなくなってきた。
残り30%程から一気に電源が落ちる時もある。
のでバッテリーの寿命だなって事で交換しようと思ったら一体式で交換出来ない。
公式のショップに出すと結構な金額らしく新しい機種を買ったほうが良さそう。
なんで自分で交換してみる事に。



オークションでバッテリーと工具が揃ったセットを購入。
バッテリーは純正品。


裏バネルのサイドから爪を剥がしていく。


後はバッテリーの端子の上のカバーと下の黒いカバーを外して取り外せる状態に出来た。


端子の横の黒いテープを引っ張ってムニューっと引きちぎる。

バッテリーは両面テープで止まっていて隙間に薄いヘラを刺して剥がしていくんだけどここでトラブルが!


バッテリーが触り続けれない程発熱してプシューっと音を立てながらみるみる膨らんでいく、危険を感じて外に隔離。


剥がそうとした時にアルミを破ってしまって中でガスが発生して膨らんだみたい、かなり有害っぽい匂いも出していた。ガスに引火して爆発しなくて良かったぁ。


無事?にバッテリーを外すと熱で溶けたプラスチックがへばり付いていた、
スマホ熱で壊れたかな??


新しいバッテリーは2017-8-02の刻印、古いのは2015-4-21の刻印だったので約2年半程で寿命になったのかな。



元通りに嵌め込んで起動出来ました。壊れて無くて良かったぁ。
古いバッテリーはリサイクルマークが付いてるので大型家電ショップに持っていくとリサイクルBOXがあるみたい。
JBRC




0 件のコメント:

コメントを投稿